スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2011年11月18日

佐世保・草加家さんの「やさしいぱんの素」



パンを焼いたら、できあがりはきっとこうなるんだよと、パンが

話しかけてくるような(そんなことはないけれど)パッケージ。

箱には長崎産さつまいもをベースにしたと書いてあり、小麦粉

じゃない「さつまいものパン」って、一体どんなもんかなと

さっそく試したくなった。

佐世保のお菓子屋・草加家さんは地元で採れる野菜などを使った

ジャムやいろんな食品を作っているので、気になるお店です。  


Posted by デザイン散歩 at 14:41Comments(0)パッケージデザイン

2011年11月02日

ちびまる子ちゃんとプリンキャラメル



ひさしぶりにスーパーに出かけて、何か新しいものが
あるのかなと、店内をぶらぶら。
これを買うのだと決めて行くときもあれば、これといって
たいした目的もなく行くこともあり、この間はこっちのほう。

お菓子の売り場で見つけたのが、森永製菓のキャラメル。
ちびまる子ちゃんのイラストが描いてあり、プリン味の
ミルクキャラメルが登場してました。

パッケージは、プリンのイエロー色を基調にして、カラメルの
茶色を箱の上に配置するなど、デザイン的配慮をしてますね。
  


Posted by デザイン散歩 at 20:19Comments(0)パッケージデザイン

2011年09月13日

栗と芋の薄皮まんじゅう@佐世保・草加屋




佐世保のお菓子屋・草加家さんは、お店の名前のように
草加せんべいを作っていて、せんべい以外にも、かんころ餅や
芋ようかんから、パンまで作っているお菓子屋さんです。
並べてあるお菓子を見ても、みんな健康的な顔をしている。

芋好きなものですから、芋のお菓子にはどんなのがあるかと
お菓子を見ていて、「栗と芋の薄皮まんじゅう」が目にとまった。
パッケージの箱はいたって普通なんですが、巻いてある帯には
黒とオレンジの2色、特にこのオレンジ色の色味がいいね。
栗と芋のカタチをオレンジ色のイラストにして、上手くアイコンに
仕上げているし、ヘタウマのような手書き文字も、なんかいい
雰囲気。写真ではわからないけど、帯の紙質の風合いにも
こだわりがあり、健やかなデザインセンスを感じるね。


  


Posted by デザイン散歩 at 20:04Comments(0)パッケージデザイン

2011年08月04日

午後の紅茶・おいしい無糖



紅茶はティーポットに淹れて飲むのが美味しいと思うけど
ボトルのラベルに、「おいしい無糖」と表示して、これは
おいしいんですよと、宣言しているキリンビバレッジの
「午後の紅茶」には茶葉へのこだわりを感じる。

おいしい○○と、はっきり打ち出したのは、たしか明治乳業の
「おいしい牛乳」だったんじゃないだろうか。
牛乳の価格では高額な値段で販売しています。

味覚の甘いや辛いや、食感のふんわりとか、トロっとした
なんてのはよく見かけるけど、「美味しいんです」と宣言する
ぐらいですから、そうとうな自信があるね。
パッケージに金色なんだけど、ちょっと薄めな金色を使って
「おいしい無糖」の書体は信頼性や真面目さを表現している。  


Posted by デザイン散歩 at 19:41Comments(0)パッケージデザイン

2011年07月27日

コルネ東京のパッケージデザインその②




前に紹介したコルネdeコルネ東京のパッケージのパート2。

前回の記事は、こちらから

包装紙はコルネ専用のデザインでしたが、包装紙をあけると

箱もまったく同様のデザインで、かなりのこだわりを感じます。

そしてコルネを入れてる個包装も、包装紙や箱の黒色を基調に

コルネ自身のカラフルさを目立つようコーディネートしている。

お菓子へのこだわり、自信、そして美味しさを伝えようとする

モノ作りの姿勢が、パッケージデザインに表れています。

  


Posted by デザイン散歩 at 19:39Comments(1)パッケージデザイン

2011年07月19日

「コルネdeコルネ東京」のデザイン



この連休に東京からやって来た知り合いに頂いたお菓子は

「コルネdeコルネ東京」と、コルネがダブって書かれていた。

パッケージは中に入っているお菓子の姿カタチがわかるよう

写真で紹介されていますが、一般的に包装紙はサイズの大小や

天地左右のどちらでも使えるようにデザインされているけど

どうやらコルネ東京は専用箱を決めているようで、箱サイズに

合わせた専用サイズの包装紙を用意したようです。

黒い背景を用意すると、なんとなく本格的なイメージと同時に

お菓子の色彩を際立てる効果があり、「力」が入ってますね。
  


Posted by デザイン散歩 at 13:14Comments(0)パッケージデザイン

2011年06月29日

銀座ライオンビアホールの限定ビール



家の前を流れる伊万里川沿いの歩道を、白い子犬を連れて
散歩しているのを、今朝早く見かけた。
白い子犬は街灯やフェンスなど、臭いを嗅ぎながら
ウロウロ歩いては、ここかなという場所で止まりオシッコ。
こういうのをマーキングだと、犬を飼ってる友人から
聞いたことがあり、自分のテリトリーの主張らしい。

マーキングって、マークすることだから、自分にあてはめて
みたら、たまに東京に行った時に必ずマークして立寄る所に
銀座ライオンビアホールがあるなと改めて気づいた。
日本で初めてのビアホールが銀座にできて110年以上で
美大生の頃から、ここをマークし始めて40年ぐらいかな。

大した用事もないのに銀座をぶらついても、マーキング先の
銀座ライオンビアホールはこれからも変わらないだろうし
そのせいかビールを飲むなら「サッポロだあ~」と声高には
主張しないけど、今もサッポロ党の党員に変わりはないね。
  


Posted by デザイン散歩 at 12:22Comments(0)パッケージデザイン

2011年06月18日

グリコの赤い保存缶



棚のなかを整理してたら奥の方から出てきたグリコの保存缶。
底に書いてある「賞味期限」は、1年以上前に切れてたのですが
賞味期限はたんなる「目安」ですから、あまり気にすることなく
今度は棚の前のほうに戻し直しました。
使うことがないから、ズンズンと奥に移ってしまうけれどね。

グリコの創始者江崎さんは佐賀出身で、森永製菓の創立者の
森永太一郎さんは伊万里出身と、佐賀県内には有名なお菓子
メーカーを創立した人物がいますね。

グリコの原材料をみると、水あめ、加糖練乳、砂糖、でんぷん
かきエキス(グリコーゲン)を含むと書いてあり、商品名の
「グリコ」は、かきエキスのグリコーゲンから由来しています。
「ひとつぶ300メートル」のキャッチコピーと陸上ランナーの
イラストから、これは「元気になる」お菓子だと伝えています。
  


Posted by デザイン散歩 at 19:46Comments(0)パッケージデザイン

2011年06月13日

甘くないコーラ・ペプシのDRY



ビールなどと同じようにコーラやサイダー業界にも、糖分ゼロや
カロリーゼロなど健康志向な商品がでていますが、今度は
「甘くないコーラ」を登場させたのが、ペプシの「DRY」。

ボトルのデザインは、クール&ハードな商品であるのを印象づける
ように、シルバーに黒色の組み合わせ。
アサヒビールのスーパードライのシルバーと黒の違いは、シルバーが
こちらは「ツヤ消し」なのと、DRYのロゴがより繊細でスマートに
なって、「 C o o l !」になってます。

炭酸系ドリンクのビジュアルにありがちなシュッワ~と「泡」を
モチーフにして、繊細さを表現するなど、コンセプトとボトルの
デザインを上手にまとめているペプシはサントリーです。
  


Posted by デザイン散歩 at 20:19Comments(0)パッケージデザイン

2011年05月01日

イタリアのチョコレートのパッケージ



今日は5月1日の日曜、連休の3日目。
カレンダーが5月にとなると、初夏のひびきがして、すがすがしい気分の
「五月晴れ」を連想するのですが、今朝は曇が広がった静かな日曜です。
空が曇りでも、気分まで曇らないように、イタリアのチョコレートを紹介。

透明なプラスティックケースに入っているチョコレートは、メイド・イン・イタリアン。
エコロジーを意識しているのか、過剰なパッケージをさけているように
「飾らない」、「余分なこと」はしないという姿勢がパッケージにでています。

節約やコストダウンを優先すると、味も素っ気もないものになりがちですが、
そこはイタリアンですから、中に入っているチョコの包み紙をしっかりと見せて
商品を知らない人にわかってもらうように、「可視化」しているパッケージには
美味しさと一緒に、チョコを食べる楽しさもちゃんとデザインしています。
節約もだいじですが、食べる楽しみの「見せ方」はどうもイタリアがうまいね。
  


Posted by デザイン散歩 at 12:49Comments(0)パッケージデザイン

2011年04月15日

「がばい佐賀・丸ぼうろ」は伝統銘菓。

伊万里に来てから食べるようになった丸いお菓子の「丸ぼうろ」。
オシャレとはいえない姿カタチをしてるけど、素朴なお菓子で
お茶を飲むときやコーヒーと一緒によく食べてます。
今まで食べた「丸ぼうろ」には、しっとり系とドライ系があり
お茶を用意しないでドライ系を食べたら、後からお茶が欲しくなり
それ以来、丸ぼうろを食べるときは飲み物をセットにしてます。



だいたいは5コか10コぐらいを袋にまとめて入れてあるけれど
ひとつひとつをていねいに個装袋に入れてるのもあります。
伝統銘菓・がばい佐賀」と書かれた丸ぼうろには、ほかの
佐賀の方言の「つーつらつー」や「ぞーたん」や「わいたー」の
意味や使い方の事例を、まるで辞書のようにまじめに書いてます。
個袋を破って捨てないで、方言を読みながら味わうのもいいもんです。



  


Posted by デザイン散歩 at 12:45Comments(0)パッケージデザイン

2011年04月12日

堂島ロールは目立つ色です



やけに目立つ赤いパッケージには、女の子が大きなロールケーキを
両手に持って、運んでいるイラストが描かれています。

こんな大きなサイズのロールケーキはないでしょうが、スケール
アウトな表現のせいか、自慢のおすすめ品になっているのが
ロールケーキで有名な「堂島ロール」。

手描きのイラスト、手書きの商品タイトルなど、手作り感を表現して
いると、ロールケーキも「手作り」の印象になります。

3月初めに博多駅前に新しくできた、大阪のデパート「博多阪急」の
地下に出店して、関西の味が九州にやってきました。
前に見たときは黄色い箱か、袋だったような印象があるけど、どちらにも
共通してるのが、「やけに目立つ」色である事に変わりはないようです。
赤い箱に入っているロールケーキを見るなら、堂島ロールをクリック。
  


Posted by デザイン散歩 at 15:08Comments(0)パッケージデザイン

2011年03月10日

高級フルーツ・千疋屋のフルーツチョコレート

高級フルーツの老舗として有名なお店の京橋千疋屋
フルーツ専門店が扱っているチョコレートですから、やはり
ここはフルーツを主役にしたチョコレートになります。
四角いキュービックの4種類のフルーツチョコがきちんと箱に
収まって、きちんと並んでいる風情が高級感を演出してます。



黒い箱には金色の箔押しで店名を入れるのは、高級店らしさの
ひとつのパターンになってますね。



京橋千疋屋のホームページを見ると、ホワイトデーにはフルーツ
マカロンを大きく紹介しています。
高級フルーツ店らしく、マカロンもやはりフルーツが主役です。

日本橋千疋屋総本店」の方が総本店と名乗ってるぐらいに
創業年数が長く、京橋千疋屋よりも老舗らしさを感じるし
フルーツパフェは見ごたえありで、まるでアートになってます。
  


Posted by デザイン散歩 at 20:08Comments(0)パッケージデザイン

2011年02月06日

神楽坂のイタリアン、カナルカフェのブティック



昨日、羽田空港に行く前に立ち寄ったショップは3つ。
最初は、神楽坂のお堀のイタリアンレストラン「カナルカフェ」が、新しい
ショップを昨年の12月にオープンしたと、先輩デザイナーのNさんから
聞いていたので、まずはこちらへ。
そして、パッケージなどはNさんがデザインをしている。
カナルカフェはもともとボートハウスがルーツですから、お菓子のパッケージに
「ボートハウス」をイメージしてデザインされています。



スイーツもあり、2階ではコーヒーなどイートインもできるし、こだわりの
お茶やグッズなども販売しています。
カナルカフェ・ブティックは「モノトーン」を基調にしたインテリア。



本店というか、すぐ隣りにあるイタリアンレストランの「カナルカフェ」は
神楽坂の入り口にあり、テレビドラマの撮影にも使われているほど
運河を眺めるロケーションは素敵なところです。

カナルカフェについては⇒こちらをクリック  


Posted by デザイン散歩 at 12:39Comments(0)パッケージデザイン

2011年01月20日

博多らーめんのマルタイ・棒ラーメン



今日は大寒って書かなくても、寒いのは十分にわかっているし
そういえば小寒もあったけど、中寒ってのはあまり聞きませんね。
「暑さ寒さも彼岸まで」ですから、もうしばらくの辛抱です。

なので、寒さ対策用に家で作るラーメンは、マルタイ棒ラーメンの
出番が増えている。九州のラーメンと言えば、とんこつ味。
ネギと白菜をたっぷりに、味噌や豆板醤などを加えて出来上がり。

マルタイ棒ラーメンのパッケージは、暖かいオレンジ色をベースに
棒ラーメンを黒くて太い文字で、ド~ンとぶっきらぼうのように
書いてあり、このストレートな黒文字が象徴的なデザインで
屋台の赤文字とラーメンの写真をのせたシンプルな構成です。

今度の週末も、たぶん棒ラーメンの出番になるから、次はたっぷりな
生姜を入れた「豚肉の生姜焼き」をトッピングし、豆乳をベースに
赤味噌と白味噌を組み合わせた濃厚スープを試しに作ってみるか。  


Posted by デザイン散歩 at 15:04Comments(0)パッケージデザイン

2010年11月25日

お菓子のパッケージはクリスマスモード



紅葉が見頃になった~と思ってたら、もう来月にはクリスマス。
先日、東京からやって来た友人からのお土産はクッキー。
手提げ袋をあけて見たら、お菓子のパッケージはもうすっかり
クリスマスモードになってます。
緑の色には、細く白いラインで地紋があり、赤いリボンには
店名を金色でと、赤・金・緑と基本の3色を使っています。

箱全体を緑色にしないで、緑の中の細いラインと白い箱生地の色を
残すことで、さわやかなパッケージデザインに仕上がってますが
このデザインのポイントは、緑色にある地紋の白ラインが細い点。
「線の細さ」が上品な印象を作り上げています。

ポスターやカードなども、白のスペースを上手に活かすことで
全体が「しまる」こともあり、焼き物にも「白いライン」を
活かしている絵付けが上品な事にも通じます。

◎写真のお菓子はこちら ⇒ アンリ・シャルパンティエ  


Posted by デザイン散歩 at 20:07Comments(0)パッケージデザイン

2010年11月09日

いちごの王様「あまおう」の苺ケーキ



この間の夜、伊万里お菓子倶楽部の10周年同窓会がありました。
伊万里は森永製菓の創立者、森永太一郎氏の出身地であり
お菓子の神様が祀ってある中嶋神社があるなど、お菓子に
縁が深い町ですから、お菓子をキーワードに町作りの手伝いを
しようと集まった市民ボランティアが伊万里お菓子倶楽部です。

10周年同窓会のゲームの景品お菓子を買いに出かけたのが
お菓子倶楽部のメンバーで、菓子卸をしているS商店さん。
店内?をウロウロしていろんなお菓子を探していたら
森永製菓の「あまおう・苺ケーキ」を発見~。

「これから発売するんで、未発売ですが」と分けてくれました。
苺の赤色と「あまおう」の白文字が目立つデザインです。
思わずエンゼルパイかと思ったけど、いちごの王様「あまおう」を
使用した、森永製菓の期間限定いちごケーキ。
赤色バックに、大きな「あまおう」の白文字はいちごの王様らしく
堂々としたパッケージデザインに仕上げています。  


Posted by デザイン散歩 at 15:07Comments(0)パッケージデザイン

2010年08月22日

ガリガリ君は品不足


残暑といえるのかと思うぐらいに、今日も伊万里は暑いね。
こういう暑いときには、何といっても冷たいモノに限ります。
冷たいものにアイスクリーム派とアイスキャンディ派があるけど
こんなに暑いと、つい「氷」の文字に惹かれて
やはり「氷菓系」に手が伸びますね。

アイスキャンディーの人気者「ガリガリ君」の今年の生産数が
昨年の1,5倍にもなり、お店では品不足ぎみのようです。

口の中で粒氷をかじる時に、「ガリッ、ガリッ」と音がするから
その名も「ガリガリ君」。
ガリガリ君は、イガグリ頭をして口を大きく開けて、中は赤いけど
青い箱の色と対比して強調してますね。
それにしても、口の大きさを強調しすぎるぐらい、かなりデフォルメし
頭の2倍以上も大きくして、キャラクターを印象づけてます。

氷の「粒」があるおかげで、冷たさが身にしみてきて
食べ終わる頃には、ス~っと体が一瞬冷えてきますね。

ガリガリ君を作っているのは⇒赤城乳業  


Posted by デザイン散歩 at 19:15Comments(0)パッケージデザイン

2010年07月26日

涼しげな水羊羹


暑い日が続いていると冷たいものに手が伸びてしまいがちです。

ですから、ちょっと甘いのを食べたい時も、冷たいものにと。

スイカや梨など水分の多いフルーツ系やゼリーもいいですが

夏ならではの和菓子とくれば、水羊羹。

青竹に入っている様子から、涼しさを演出するだけでなく

そんな自然な風情と一緒に、「手作り感」も出しています。

本物の青竹でなく、今ではほとんどプラスティック製になってますが

ただのプラスティック丸棒よりは、少しは青竹らしさを出しており

「いかにも○○らしい」というのが、わかりやすいのでしょうね。
  


Posted by デザイン散歩 at 17:02Comments(0)パッケージデザイン

2010年07月01日

イタリアのお菓子のパッケージ



このブログではデザインについて、あれこれと書いているので、
なるべく身近な生活用品やお菓子などをネタにしています。
お菓子をネタにしていても、どこのお菓子がうまいとか、やわらかいよりも
商品の「価値の作り方」や、「価値の伝え方」など、デザインやビジネスの
ヒントになればと書いているつもりです。
商品の「価値を伝える」役割りのひとつにパッケージにあり、商品の性格や
ポジションによって、パッケージのデザイン表現はいろいろとあります。
パッケージのデザインが大事だからといって、目立つようなパッケージをして
逆効果になる場合もあり、商品、立地、顧客層、用途、価格などの「要素」の
バランスを検討しながら、デザインを決めることが大切です。

写真のお菓子のパッケージは、シンプルに透明シートに包んで、お菓子の
中身をストレートに見せて、そこにシールを貼っただけのデザインです。
「価値を伝える」のがパッケージの役割ですから、この場合は、中身を
ストレートに見せることで内容を伝え、美味しさを伝えている例です。
そして、シンプルだからこそ、わかりやすい場合もあり、この場合には
シールの形状、ロゴ、色彩のグラフィックな要素が重要になります。
  


Posted by デザイン散歩 at 12:15Comments(0)パッケージデザイン